中古マンションの購入を考える

住宅の購入は、一生の中でもとても大きな買物です。

現在、賃貸暮らしの方の中でも、いつかはマイホームを購入しようと考えている方、

または分譲マンションの購入を考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

現在の日本は、長きに渡る不景気の影響で、
将来のこと、
特に老後の生活に不安を抱えている方は圧倒的に多いと思います。

ご自身の住居を所有していると言う立場と借りるという立場では、安心感もまた違うかもしれませんね。

経済的側面から見ても、
毎月必ずかかる賃貸料を住宅の購入資金にまわす
という方法は、ある意味懸命な方法と言えます。

そこで今回は、中古マンションの購入についてのメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います。

【中古マンション購入のメリット・デメリット】

まずは、中古マンションを購入する上での『メリット』です。

○ 購入しやすい価格帯

まず何よりも、新築マンションに比べて価格が安く購入できることが挙げられます。

もちろん、立地・築年数・専有面積などによって値段は変わりますが、

それでも比較的予算を抑えられると言えるでしょう。

また、今は頭金が少なくても住宅ローンを利用しやすくなっていて、

購入しやすい環境にあることもメリットに挙げられます。

そして、既に存在する物件ですので引き渡しまでの期間が短く、

住宅ローンを組む際の金利上昇リスクが少ないことも嬉しいポイントになります。

○ 実際に物件を見て選べる

新築マンションの購入時は青田売りがほとんどであり、
実際に物件を見ることが難しいことが多いです。

その点、中古マンションは購入する部屋を実際に見て選べるという大きなメリットがあります。

数千万円の買物ですから、実際に見て選べないことは
イメージの相違(部屋の広さや日当りなど)の問題も有り得ますし、

とても大きな不安に繫がるので、本来ならなるべく避けたいことですよね。

中古マンションはそのような不安がなく、

安心して居住環境をイメージし購入に踏み切れるというメリットがあります。

また中古マンションをあらかじめリフォームしたこのようなリノベーションマンションというのもあります。

こうした物件を選ぶことで、新築より安く、またよりよい住環境を手に入れられると思います。

次は、中古マンションを購入する上でのデメリットです。

○ 長く住み続けることが難しい?

建物の劣化が激しい中古のマンションですと、耐久性の問題が心配になってきますね。
せっかく大金をはたいて購入した一生の住処のマンションなのに、
古くなってから住めないようでは悲し過ぎます。

新築マンションでもこれは同じですが、中古マンションの場合、

購入時の築年数と購入者の年齢によっては、この問題はとても切実な問題となリうると思います。

購入時のマンションの劣化具合や管理状況は、築年数も一つの基準となりますが、

実際には、各マンションによってその状況は大きく異なるものです。

マンションの修繕計画の状況が上手くいっていれば良いのですが、
ずさんな管理環境のところが多いのも現実です。

そして、高齢になってからのマンションの建て替えなどは、

管理組合等の集会による話し合いの労力や手間が大変になりますし、

建て替え資金などの用意も必要になり、その資金の調達も大きな問題になります。

・・・

以上が、中古マンション購入に際してのメリットとデメリットになります。

たくさんの時間を過ごす一生ものの住宅ですから、
将来のことを見据えて慎重に選んでいってくださいね!