注文住宅を建てるときに注意すべきこと

注文住宅で家を建てたいと考えている方、家を建てるということは人生の中でも大きな買い物です。
失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。
家を建てるまでの流れと共に考えて見たいと思います。

まずは近い将来一軒家を持ちたいと考え始めた時点から住宅展示場や建て売りの完成見学会や、
ハウスメーカーのイベントなど何でも良いので足を運んで見ましょう。
ざっくりとで良いので見ていくうちに、それぞれが売りにしているところが見えてきます。

例えば低コストを一番にしている都市工房のような工務店やメーカー、収納に力を入れているところ、
二階の水回りを作ることに強いメーカー、迷路のような個性的な設計、木造や鉄筋など実に多彩です。
自分たちはどういった家を建てたいのかを考え、希望の施工業者さんを絞って行きましょう。

同時に絞った数件の施工業者さんから土地情報を集めていきます。
それぞれの業者で不動産情報の入るルートが違いますから、より良い土地情報を早くに手に入れましょう。
土地が決まればいよいよ設計に入って行きます。
家族でここは絶対に譲れない点を考えておきましょう。
例えば間取りで言うと一階に畳スペースが欲しい、二階への階段はリビングに、小部屋でも良いので夫用の部屋を一つなど。

そして大事な予算です。
話し合いをして行くうちに、動くお金が大きいので数万円でも微々たるものに感じてしまうのが怖いところ。
数万円が何ヵ所にもわたると予算を軽くオーバーしていきますのでしっかりと予算は決めておくことが重要です。
後のエアコンやカーテン照明などの費用とフェンスや駐車場などの外構工事費も考えておきましょう。

打ち合わせをしながらでも、内覧会があればぜひ参加してみましょう。
カウンターがあればいいな、ここの収納は真似したい、コンセントやスイッチはここにあれば便利だななど、見る視点を変えて考えることが出来ます。
また普段でもこの家の壁や屋根の色がいいななどチェックしておくと、施工業者さんに希望をより伝え易くなります。

全てがサンプルや写真でイメージして決めていきますから、自分たちの希望を正確に伝えることが大事です。
そして予算に見合う形で実現出来るよう親身になって考えてくれる施工業者さんであれば失敗はないでしょう。