地盤改良の工事

建物の建設の際、地盤調査と言われ調査をする必要があります。
軟弱な地盤にそのまま建物を建設すると地盤沈下などの原因になり得るからです。
建設予定の建物の四隅にあたる位置で計測し、地盤強度が基準値に満たない場合は
地盤改良の工事(http://onabe.co.jp/)が必要となります。

まず、軟弱な地盤が地表から何mに渡って続いているかを計測します。
地表から2m以内と非常に浅い場合、重機などで地面を耕し、耕した土に固化剤を混ぜ、
重機などで踏み固めるという表層改良工法が用いられます。

地表から2~8mと多少深い範囲に渡って地面が柔らかい場合、
地面に細長い穴を掘りコンクリートを流し入れ柱状にします。
これは柱状改良工法と呼ばれる方法です。

地表から8m~30mという以上に広い範囲で地盤が緩んでいる場合や、
大型重機の搬入がしづらい場所だと鋼管杭工法という方法が使われます。
強固な地層にぶつかるまで縦長で細い穴を地面に堀り、そこに鉄製の杭を継ぎ足しながら打ち込みます。

上記の様に、地盤改良の工事は
軟弱な地盤の深さによって工法が違い、費用も変化していきます。