業務用冷蔵庫

◆業務用冷蔵庫について

冷蔵庫とは、生鮮食品や清涼飲料などを保存するものです。冷蔵庫は、原則として庫内温度が0℃以上のものを指します。また、冷凍庫とは、冷凍食品やアイスクリームなどを保存し、温度を-15℃以下に保つためのケースをいいます。

◆業務用厨房機器としての冷蔵庫について

業務用厨房機器の中でも、必ずあるのが冷蔵庫です。業務用冷蔵庫がなければ、いくら新鮮でおいしい食材があったとしても、保存することができません。当然、おいしい料理を作ることもできません。また、どんな立派な調理器があっても、それらを、有効活用することもできません。業務用厨房機器としての冷蔵庫では、国内シェアトップの会社は、ホシザキ電機という会社です。ホシザキ電機は、元々、ジュースの自販機を作っていたそうです。そして、そこで培った冷却技術を用いて、業務用現在では、業務用の冷蔵庫も製造しているそうです。そして、現在、業務用冷蔵庫として、国内シェアトップの会社にまで成長したのです。

しかし、ホシザキ電機の業務用冷蔵庫といっても、たくさんの種類がそろっています。ここでは、台下冷蔵庫という業務用冷蔵庫を紹介します。

◆ホシザキ電機の舟型シンク付き台下冷蔵庫

ホシザキ電機の舟型シンク付き台下冷蔵庫とは、舟型シンク付き台下冷蔵庫といって、冷蔵庫の上が調理台の変わりに、シンクになっている業務用冷蔵庫があります。冷蔵庫の上で、洗い物ができる台下冷蔵庫のことをいいます。他には、冷蔵庫の上が、調理台になっており、簡単な調理をできる冷蔵庫です。バージョンも、台下冷蔵庫、テーブル型冷蔵庫、テーブル型冷凍冷蔵庫など、幅広くそろっています。業務用では、一つとして同じお店がなく、厨房機器を選ぶ際は、大変困るかと思います。しかし、ホシザキ電機の業務用冷蔵庫であれば、自分のお店の厨房のレイアウトによって、効率よく厨房を設計できるように、それぞれの、飲食店の厨房に合わせた商品が選べるように設定されています。

独立開業を予定している人は、一度、インターネットで、厨房専門のショップを閲覧してみてはいかがでしょうか。上記で説明した、ホシザキ電機の台下冷蔵庫に、どんな種類があるのか調べてみると、開業したい自分の店の厨房のイメージがわいてくるかと思います。また、インターネットの厨房機器ショップでは、メーカー参考価格と、そのネットショップでの価格が表示されているので、資金の見積もりも可能です。

◆ホシザキ電機の台下冷蔵庫の購入方法と選ぶポイント

ホシザキ電機の、台下冷蔵庫の購入方法としては、2つの方法が考えられます。

その1、各地にあるホシザキ電機の営業所から購入する方法
その2、インターネットの厨房機器の専門ショップで購入する方法

インターネットの厨房機器の専門ショップには、中古の厨房機器を扱っているショップもあります。しかし、業務用冷蔵庫に関しては、あまり中古で購入するのはお勧めできません。中古で購入してもその分、メンテナンスなどの修理費で経費が掛かる場合が多いからです。

格安でホシザキ電機の台下冷蔵庫を購入したいのであれば・・・

インターネットオークションなどもあります。さらに、格安にホシザキ台下冷蔵庫を入手しようと考えるなら、各地のリサイクルショップでも、厨房用品の買取や、引取りをしている業者もあります。うまくタイミングがあえば、掘り出し物のホシザキ電機の台下冷蔵庫が販売されているかもしれません。

ホシザキ電機の台下冷蔵庫の選び方のポイントは、自分のお店での、必要な食材の量がどのくらいなのか、その食材の量にあわせてホシザキ電機の台下冷蔵庫を選ぶことが重要なポイントです。

チェック項目としては・・・

1、冷凍食材が多いのか
2、冷蔵する必要がある食材の量が多いのか

もし、冷凍食材のほうが多いのであれば、冷凍庫付きのホシザキ電機の台下冷蔵庫を選ぶことをお勧めします。また、冷蔵庫はたくさん詰め込んでしまうと、詰め込みすぎると、冷蔵庫、冷凍庫内の温度が上がってしまい、本来の冷やす機能が劣ってしまいます。結局、保存状態が悪くなることが多います。また、常に設計した以上の冷却時間が長くなり、厨房機器に負担をかけてしまいがちです。それらのことが原因で、冷蔵庫に負担をかけすぎて、故障の原因になることもあります。ですので、保存する食材の量より、少し大きい冷蔵庫を選ぶことも重要なポイントです。

飲食店では、予想していたより、保管しなければいけない食材が増える傾向が強いようです。

◆ホシザキ電機の台下冷蔵庫購入のメリット

飲食店を開業する際、厨房の広さは、店舗物件をできるだけ、客席側を広く取りたい。

料理の提供スピードは、なるべくお客さんを待たせない範囲で、客席を広く取り、厨房の広さは最小限にするように設計、レイアウトするのがよいでしょう。

客席の広さは、最大収容人数を増やすことができ、売上の増加につながります。

できるだけ、効率よく、厨房を設計したいと考えると、料理を調理する台と、食材を保管する冷蔵庫が近いほうが、効率がよく、コックの行動範囲も最低限に抑えられます。ホシザキ電機の台下冷蔵庫は、効率よく、厨房を効率よく使いたい飲食店側としては、とても便利な厨房機器のひとつなのです。