飲食店の開業について

1度でも飲食店の開業を夢見たことがある人は、多いのではないでしょうか?
自分のお店を持てたら素敵ですね。

飲食店を開業するには、保健所に食品営業の許可申請をしなければなりません。
そして「食品衛生責任者」の資格が必要です。
ちなみに、各都道府県で実施されている講習を受ければ、
調理師免許を持っていなくても飲食店を開業することができます。
(調理師、栄養士の免許を持っている人は、食品衛生責任者の資格を自動的に取得可能です)

収容人数30人以上の店舗の場合は、「防火管理者」の資格が必要です。
消防署などが実施している講習を受けることにより、取得できる資格です。

業種、客層、利用動機、価格帯など、どんなお店を開きたいのか、具体的に考え、決定しましょう。
次に事業計画を立てます。お店開業に必要な資金の調達、開業後の収支、店舗の内装・外装、メニューの開発など。
店舗のイメージが決まったら、店舗の購入や契約が必要になります。飲食店店舗は居抜き物件なのが豊富(http://www.tenpomarugoto.com/)なので予算や立地など総合的な判断で物件を手に入れることが以前より容易になっています。店舗契約が済んだ後は、設計・施工を行います。看板なども作りましょう。

店舗で使用する調理器具や食器などの備品を調達します。
必要な人材を割り出し、スタッフの募集をかけます。
求人誌やハローワークなどを利用したり、知人に紹介してもらうのもいいでしょう。
スタッフには調理や接客などの研修を行うと共に、お店のマニュアルも作っておきます。
新聞折込広告やチラシ配布、ホームページ、クーポン雑誌などを使い、オープンの告知をします。

飲食店を開業したら、リピーターを増やすことを考えます。
リピーターが増えれば増えるほど、お店の売り上げが安定するためです。
アンケートを実施したり、ネットの口コミなどお客様の声を参考にしながら、
より良いお店作りに努めましょう。

●スタッフの接客マナーは出来ていますか?
●料理は一定したレベルのものを提供できていますか?
●掃除は行き届いていますか?

お客様からクレームが出ることもあるでしょう。
このクレームにはきちんと対応し、お店を改善するための良いご意見として受け止めましょう。

また、飲食店は食品を提供する場所だけに、他のお店より清潔感が求められます。
毎日の掃除に手を抜かないようにし、虫などの発生に気をつけましょう。
またトイレは特にキレイにしましょう。
私は飲食店に行くと、トイレは必ずチェックします。
お店がどんなにキレイでも、トイレが汚いお店というのは、繁盛しないものだと思っています。
トイレがキレイだと、お店のイメージはぐっと良くなります。