うつ病からの職場復帰について

うつ病で会社を休職・退職する労働者は増加を続けています。
人手不足がうたわれる昨今の状況もあり、うつ病の治療後、
社員にいかに職場復帰してもらうかは会社側にとっても重要な課題です。

うつ病から回復し表面的には元気になったと言っても、
元の業務に突然戻ることができるわけではありません。
徐々に慣らしていくために、段階的なケアが必要です。

厚生労働省では、うつ病などの心の病気で休業した社員に対して、
どのように職場復帰支援を行えばよいかということを
マニュアルとしてまとめて公開しています。

復帰支援には五つの段階があります。
ひとつめは、休業中のケアです。当該社員が心おきなく休み、
治療に専念できるように医療機関の紹介や休業期間の保守、
経済的な保証(傷病手当金など)のサポートを行います。

二つ目は、産業医と主治医の連携による復職可能の判断です。
本人に復職の意思表示があり、主治医も復職可能との判断に至った場合でも
安易に復職を決定せず、業務内容を理解している産業医が
診察結果を精査した上で最終的に決定を行うこととしています。

三つ目は、復職支援プランの作成です。
医師から復職可能の判断が出たら、リワークプログラムを受講します。

うつ病からの職場復帰プログラムを実施する病院
http://www.rework-program.jp/first/

これは、職場復帰の準備運動のようなものです。
そして会社側は受け入れ体制を整備します。
これらの活動は復職予定日から逆算してプランの作成をしていきます。

四つ目は、最終的な職場復帰の決定です。
関連各所で検討の結果、最終決定を行います。

五つ目は、復職後のフォローです。
職場の上司やメンバーらによる支援、
産業医・保健スタッフによる復職プログラムの評価、
及び本人へのフォローを行います。

このように段階を経て職場復帰を行っていきます。
うつ病は、完治が難しい病気と言われています。
本人の置かれた環境次第では、再度罹患する可能性もあります。
しかし、理解ある職場で元通りに元気になる人も決して少なくありません。
肝心なのは、周囲が焦らず、しっかりと本人のサポートをすることなのです。