海外進出の進め方について

一般企業で普通に働くサラリーマンが日本の就労人口の大半を占める中、
ビジネスで世界をリードして行くビジネスマンも多く存在しています。
そんなビジネスマンも仕事の獲得に必死です。
今回はそんな仕事の獲得、事業の獲得について触れて行きたいと思います。

今や日本で世界的に有名になっているビジネスマンは
仕事の幅をどんどん拡大しています。
日本だけに留まって仕事をしていると限界もあります。
ではどのように海外の仕事を獲得して行くのでしょうか。

先ず会社の規模にもよりますが、会議を行い、
議題を絞り話をどんどん行って行きます。
1つの部署だけで進められることではないため、かなり綿密な会議を必要とし、
且つお金も絡んでくるため経費の話もしていかなくてはなりません。
そして海外での仕事を獲得するためには海外で行う事業の専門知識も必要になってくるため、
その勉強も平行して行って行く必要性が出てきます。

■現地報告が充実した海外進出セミナー一覧ページ
海外進出関連セミナーの開催情報|金融・経理などの総合ビジネスセミナーなら金融財務研究会

かなりやることが多いため、また日本の取引とは違うため(信頼性の問題など)、
事情がかなりややこしくなってくることも事実です。
私が働いている企業も海外に工場を出店していますが、かなり難航したようです。
一筋縄ではいかないのが海外進出のようで、難しいようです。

またそれでも製造業などは業績や売り上げなど見通しが立ち、
工場設立等に掛かる費用等もいずれは取り返せるかもしれないため、
大企業でそこそこ信頼があれば合意に至ることは多いと思います。
しかしながらサービス業については中々海外進出が難航している様です。
ファーストリテイリングの柳井さんなど凄腕の経営者もいますが、
あれはごく稀なケースであり、そう簡単には行かないのが現実のようです。

サービス業の海外進出が進まないことを取り上げると
それだけで記事が書き上げられそうなので、それはまた後日書くことにします。
しかしながら、海外進出は経営上不可欠になるため、
どのように行うかは慎重に行うことが必要になって来そうです。