著作権と特許の違い

著作権の登録において、ひとつ気にすべき事があります。
あなたが著作権登録をしようとしているものは、それは本当に著作物なのでしょうか?
という事です。

これは決して真似をしているとかそういう問題ではなく、
著作権法の定める著作物に該当しているかという意味です。

著作権法において、著作物とは
「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文学、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」と定義しています。

つまりはプログラムであったり、アイディアであったり、キャッチコピーなどというものは、
著作権法の定める著作物には該当しないという事です。詳細はこちら

そういったものは、全て特許庁において特許として管理されています。
著作権と特許の境界線の定義が曖昧だと捉える人も居るかもしれませんが、
「芸術物は著作権、それ以外は特許」と言えば理解してもらえるでしょうか。

知らなかったからといって罰せられる様な事はありませんが、
知らないと手続きの時に赤っ恥をかく事は間違いないので知っておいたほうが良いでしょう。