看板の種類と特徴

お店の名前やキャンペーン情報などを掲げ、道行く人の目に留まる効果がある看板には、たくさんの種類があります。
看板の種類とその特徴についてみていきましょう。

<袖看板(別名:突き出し看板)>

ビルの壁などに取り付けるタイプの看板です。
建物から突き出しているため、車や歩行者から分かりやすく、見印となりやすい特徴があります。
例えば飲み屋街のビルの袖看板だと内部に電飾を施し、夜になるとライトが点く仕組みになっています。
ビルにどんなテナントが入っているのかを分かりやすく掲示できます。

<野立看板(別名:自立看板、屋外サイン、ポールサイン)>

屋外に設置するタイプの看板です。
会社・お店などの案内看板や、駐車看板・標識看板もこれに当たります。
車からも見やすくするため、デザインはシンプルで分かりやすいものが多く、雨や日光に晒されるため、アルミやステンレスなど丈夫な素材によって作られることが多いという特徴があります。
看板の外側に電飾を施すことで、夜になると点灯させ目立たせることもできます。

<スタンド看板(別名:置き型看板、A型スタンドサイン)>

折りたたみ式で移動可能な看板です。
よくお店の入り口付近に立てかけてある看板で、店名のほかメニューや料金などの案内を掲示しています。
取り付け工事が不要のため、価格が安いのも魅力のひとつです。

<電飾看板>

電飾が施された看板です。
看板内部に蛍光灯やLEDを取り付けています。
夜営業しているお店にピッタリです。

<壁面看板>

外壁や屋内の壁に設置された看板です。
企業名・連絡先を掲げたものや、病院の入り口にある診療時間の案内看板や、薬局の処方箋受付案内看板などによく利用されます。

<ウインドウフィルム>

日光に強いタイプのカッティングシートやマーキングフィルムを文字や記号の形に切り抜いて、窓に貼り付けるタイプの看板です。
車やバイクに貼り付けるステッカーもこのタイプです。

<チャンネル文字看板>

文字の形に切り抜いたものに立ち上がりをつけて立体的に加工した看板です。
外壁や屋外に取り付けるケースが多いため、ステンレス素材が多く利用されています。

<表札看板>

社名・店舗名称のほか、住宅の玄関先に姓名を掲示させることでも多く知られる看板です。
来客者にアピールするためのものなので、印象づけるデザインを考えるといいでしょう。