マンション給水の今後について

従来、マンションでの給水方式として多く使われて来たのは「貯水槽方式」でした。
これは、水道水をひとまず受水槽に貯めてから、建物屋上の高架水槽までポンプでくみ上げ、
水が自然に流れ落ちるのを利用する方式です。
他に、受水槽を使わない方式や、高架水槽がなく圧力ポンプを使って各戸に給水する方式もありますが、
これらも「貯水槽方式」に分類されます。

マンションの給水方式には、もう1つ「直結給水方式」があります。
この方式はさらに「直結直圧給水方式」と「直結増圧給水方式」に大きく分けられます。

「直結直圧給水方式」は3階までの低層の建物に使われ、配水管の水圧だけで給水する方式です。
水圧が高く、4階以上にも同じように給水可能な地域の場合、
特例としてこの方式を取れることもあります(増圧給水設備のための場所を、確保しておく必要はあります)。

「直結増圧給水方式」の方は、給水管に増圧ポンプを付けることで足りない水圧を補い、
中高層の階まで給水できるようにする方式です。
「直列多段型」「並列型」といった、また別の増圧ポンプの設置方法を取れば、
より高い、より大きい建物内での直結給水を実現できます。

「貯水槽方式」には事故・災害などの時に、停電で給水ポンプが止まってしまわない限り、
貯水槽内の水が使えるという利点はあります。
一方で、貯水槽の定期点検・清掃といった維持管理が必要ですし、これが適切に行われるかという問題があります。
維持管理のための費用も発生します。マンションの住民が留守にしている時間が長い、
節水の普及などの理由で、貯酔槽内の水が滞り、残留塩素の濃度が低くなり、水質が悪くなってしまう場合もあります。

「直結給水方式」の方は逆に、事故・災害などの時に断水する可能性があります。
ですが、各戸の蛇口まで水道水が直に供給されますので、「貯水槽方式」に較べれば水質の保証がされています。
貯水槽の維持管理とそれに伴う費用、もちろん貯水槽そのものも必要なくなります。
マンションの建物から貯水槽がなくなれば、その空いた場所を、よりよく使うこともできます。

技術の向上によって増圧ポンプを用いた、
貯水槽を必要としない給水が高層マンションで可能となり、それは増え続けています。
自治体が「直結給水方式」を勧めることも多くなっています。

万一の時に、水の供給がよりなされやすい「貯水槽方式」の方が安心という考え方もあるでしょう。
とはいえ、貯水槽は年数が経てば古くなり劣化します。
今この給水方式のマンションに暮らしている方々は、まだ同じ方式を続けるのか、
それとも「直結給水方式」へ転換するのか、機会があれば考えてみてもいいかもしれません。