水漏れが起きた時の対処方法

もしも自宅で水漏れが起こったら、どのような対処方法をとればよいのでしょうか?
水漏れは原因を特定してそれに見合った対処法をとることが先決です。
そのまま水漏れを放置しておくと家の中が水浸しとなりその他の部分にまで劣化が進むことになり被害が拡大します。

まずは、下記のようなサイトで原因を調べてみるのも良いでしょう。
トイレの水漏れの原因と修理方法 – 自分で直す水漏れ修理

それでもだめなら、プロに依頼するのが最も確実です。その手順についてみていきましょう。

まずお住まいの形態によって連絡先が異なります。
賃貸住宅の場合は管理会社に連絡をしましょう。管理会社が業者をよこしてくれることもあります。
そしてそれら修繕費に関しては経年劣化として認められた場合は、敷金や管理費等から払われる仕組みになっているからです。

購入した住宅でも同じです。
メーカ―や管理会社により保障期間内の水漏れであれば無償で修理点検をしてくれる可能性が高いからです。
賃貸住宅にお住まいの方、購入してから日が浅い物件にお住まいの方は管理会社に問い合わせてみましょう。

それ以外のケースの方は水漏れトラブルに対応してくれる業者に連絡をしましょう。
電話帳やインターネットで簡単に検索することができます。

次に行うべきことは片付けです。
水漏れが起こっている箇所の週辺を片づけはじめます。
業者が来てくれることになっているはずですから、業者さんが作業しやすいように周りを片づけておく必要があるからです。
また水漏れが起こっている箇所からこれ以上被害を拡大させないためにも
新聞紙や古いタオルなど水分を吸収してくれる物を用意しておきましょう。

修理会社が来たらその場で立ち会いましょう。
いつごろから、どのくらいの水漏れが起こっているのかをきちんと説明できるようにしておきましょう。
業者さんはその箇所を点検してくれて必要に応じて部品の交換、修理対応をしてくれるはずです。
またその時に原因が特定できたら必ず聞いておきましょう。
劣化によるものではなく不注意により起こってしまうトラブルなら
今後気を付けることで再発を防ぐことができるからです。