二世帯住宅のメリットなどんなこと?

二世帯住宅というのは親・子世帯が1つ屋根の下で生活をするというスタイルになるので、
あまり好まない人もいるかもしれませんが、最近では増えてきているというのが現状のようです。

二世帯住宅にするにしてもメリットはありますが、
メリットがあるということはデメリットもあります。

メリットは金銭面・生活面・セキュリティ面があります。

金銭面では上下タイプ・左右タイプにすることで、
2件建てるよりは価格も安く、生活費(食費・光熱費など)を節約することができます。
また、二世帯住宅向けの住宅ローン商品も増加してきているということです。

生活面においては共稼ぎをしていたり、旅行に行く時には、
子供・ペットの面倒を見てもらいやすいということ。
また、子供が急に病気んあることもありますが、
そういった時にあわてなくても済むということもあります。

そして、嫁という立場の時には姑がいると、
旦那の好みの料理を教えてもらうことができるということです。

セキュリティ面というのは二世帯住宅で玄関が2つあると、
不在かどうかというのがわかりずらくなります。
複数の世帯になるといつ家族全員が留守にしているかということもわかりずらいので、
被害(空き巣・盗難など)にもあいにくいということがあります。

デメリットはプライバシー面・音の問題(騒音対策)があります。

プライバシー面においては姑が良いと思ってしている行為が、
逆にプレッシャー・ストレスに感じやすかったり、
教育方針に口を出してきたりすることがあることです。

音の問題というのは2世帯住宅を建てる時のポイントににもなりますが、
上下型の場合には水回り(トイレ・浴室・キッチンなど)を上下で同じ位置にしたり、
音が下の階に響かないように遮音パネル・遮音マットなどを床材に敷くなど、
防音対策をしっかりとするようにしましょう。

また、電気・ガス・水道などのメーターを個別にすると割高になるということもありますが、
お金の問題でトラブルにならないようにするには各世帯に付けた方がいいかもしれませんが、
事前によく考えてどうするかを決めるようにしましょう。
場合によっては二世帯住宅を請け負う工務店などに相談するのもひとつの手段と言えるでしょう。