車の査定に行ってきました

このたび、引越しをすることになりまして、車を1台処分することにしました。
というのも、引越し先の駐車場代などがこちらの3倍くらいするので、
2台あるうちの1台を売ってしまおう、というわけです。

ちなみに今回売る車はスズキの軽自動車でナビなし、走行距離は8,000キロで、
4~5年前に新車で購入し、車検を間近に控えているものです。

本当はこういうことは男の人がやるほうがいいのだろうと思いますが、
急に決まった転勤で、だんなは一足先に引っ越し先に行ってしまったもので、私がすべてやることに・・・。
この気の弱い私が・・・と気が滅入る思いでしたが、一応3件の車買取業者をはしごして、
査定を出してもらうことができました。

まず、A社、ここは15万円と言われました。

そしてB社、ここではA社での15万円を引き合いに出してみると、
「うちは20万円まで出します」といってくれました。

最後にC者、ここではA社B社の話はせずに査定をお願いしたのですが、
25万円で買い取ってくれるとのことでした。
さらに、とても感じも良くて、生活雑貨のお土産などもくれたので、
すっかり気をよくしてそのまま商談成立としました。

結局コミュニケーションが苦手な人間は、がんばってもこれくらいがせいぜいですね。
もっとがんばって何件もハシゴしつつ買取額を上げていくツワモノもいるのでしょうが、私にはとても無理です。

ところで、愛用していた車とサヨナラしなければならなかったのはちょっとつらかったです。
これからも誰かにかわいがってもらって欲しいです。
今までありがとう、クロちゃん(車の愛称です)。